17日からの準まつり体制を前に、終日、渋滞がみられた弘前公園外堀=16日午後3時ごろ(画像の一部を加工しています)

 桜の早咲きに合わせ17日から「準まつり体制」で始まる弘前公園の弘前さくらまつりを前にした16日、新型コロナウイルス感染の懸念が広がる中で、弘前公園周辺は一部、見ごろを迎えた桜を見ようとする行楽客で混み合い、同公園外堀は終日、通行する車で渋滞した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。