漁師食堂をオープンした古川さん夫婦
日替わりランチの一例。このときは朝に水揚げされたばかりのカレイの煮付けがメイン

 青森県深浦町関地区の漁業古川広志さん(58)が経営する「広福丸直売所」で今春、ランチで「漁師めし」を提供する食堂がオープンした。古川さんは「漁師が普段食べているものをメニューに取り入れていきたい」と話している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から