青森県平川市は15日、新型コロナウイルスワクチンの高齢者(65歳以上)向け接種を、19日から市内の高齢者施設6施設に入所する145人を皮切りに始めると発表した。

 ワクチンは17日に1箱(975人分)、26日の週に1箱が到着予定。市によると、高齢者施設入所者への接種は、19日から5月7日までの3週間で市内17施設の685人に1回目を終える計画としている。

 また市は、ワクチンの供給不足などにより市内医療機関の医療従事者への接種が国の想定より遅れていることから、高齢者向け接種に影響を及ぼさない範囲で、4月19日の週から一部のワクチンを医療従事者に接種するとした。

 一般高齢者への接種は5月10日の週から、市内3カ所の集団接種会場で始める予定。