リンゴの剪定枝が原料の和紙で作った金魚ねぷたなどの工芸品。後方左から廣瀬准教授、山科特任助教=弘前大学
サクラ和紙に凧絵を描く溝江さん。「この和紙はイメージした線が出る」=津軽藩ねぷた村

 リンゴとサクラの剪定(せんてい)枝で作った和紙を、新しい商品やサービスに組み込もうという動きが青森県弘前市で始まっている。「オール弘前」の原材料にこだわった商品を作るのに格好の素材なため、関係者は、伝統工芸品をはじめ食品のラベルや壁紙など、多様な使い道があるのでは-とアイデアを練っている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から