シンガポール国内の雑誌に掲載する広告写真の撮影で、缶詰を手に写真に納まる小林市長(右)とアデリンさん=14日午前、八戸港第3魚市場A棟
八戸港第3魚市場A棟で荷さばきしたサバを使った缶詰

 青森県八戸市の水産加工会社「ヤマヨ」は、八戸港第3魚市場A棟に水揚げされた八戸前沖サバを使った高級路線のサバ缶詰を17日から市内で売り出す。今後、首都圏の百貨店のほか、シンガポールなど東南アジア諸国連合(ASEAN)にも販路を拡大する予定で、A棟サバのブランド力強化が期待される。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。