【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は14日公表した全国12地区連邦準備銀行による景況報告(ベージュブック)で、米国の経済活動が「2月下旬から4月初旬にかけて緩やかなペースに加速した」とし、判断を上方修正した。特に個人消費が「力強くなった」と評価する一方、急激な物価上昇に警戒する声も上がった。

 今後の見通しについて「新型コロナウイルスワクチンの接種加速などにより、一層楽観的になった」と分析。報告は今月27〜28日の連邦公開市場委員会(FOMC)で金融政策を決める際の討議資料になる。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む