青森県は13日、県内で新たに19人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。保健所管内別の内訳は青森市14人、八戸市3人、五所川原1人、上十三1人。青森市では飲食店で新たなクラスター(感染者集団)が発生。市内の飲食店クラスターの発生は2日連続となった。13日に感染が判明した同市の20代男性1人が、新規クラスターの飲食店と、前日にクラスターが発覚した飲食店双方の利用者または従業員だという。県内の感染確認は累計1196人となった。

 青森市と県によると、13日にクラスターが発生した飲食店では、これまで陽性と確認された2人に加え、青森市3人、五所川原1人の新規感染が判明。このうち青森市の1人が12日にクラスターが発覚した別の飲食店を利用したとみられる。同市3人のうち別の1人は医療従事者。新規クラスターの飲食店は、接待を伴わない店で酒類を提供。市は、顧客名簿で利用者は特定できている-として店名を公表していない。この店は5日から営業を停止しており、クラスターの感染者は計6人。

 また、12日に発覚した飲食店クラスターに関連し、新規クラスターと重複の1人とは別に、青森市の利用者または従業員1人と、これまで陽性と確認された人の接触者1人の陽性が新たに分かった。連日の飲食店クラスター発生を受け、小野寺晃彦市長は会見で「非常に危機感を持っている。複数店舗の利用は控えてほしい」と呼び掛けた。

 また、大規模クラスターとなった同市の社会福祉法人「ゆきわり会」の障害者施設の職員または利用者の30~50代男女5人の感染が新たに判明。このクラスターのこれまでの陽性判明者の接触者ら2人の感染も新たに分かった。ゆきわり会の施設本体のクラスターは計100人。このクラスターは連日の飲食店クラスターにも関連しており、関連を含めると感染者は計122人に広がった。

 このほか同市では、運動施設クラスターで利用者または従業員1人、青森県以外の東北地方の陽性者の濃厚接触者1人の陽性が新たに判明した。

 八戸市では小学校クラスターで、新たに職場関係者の30代女性の感染が確認された。既に感染が判明している2人それぞれの同居人の80代以上女性と20代女性の感染も分かった。同クラスターの感染者は9人、関連4人を含め計13人となった。同校の教職員や児童など約200人の検査対象者のうち、13日までに約70人の結果が判明した。

 上十三管内の30代男性1人は感染経路不明。三沢市によると、この男性は本庁舎勤務の市職員。所属は公表しておらず、業務で市民との濃厚接触はないという。