横浜市内で県外ナンバーの車に妨害運転をしたとして、神奈川県警都筑署は8日、道交法違反(あおり運転)の疑いで同市のアルバイトの男性(28)を書類送検した。署によると「新型コロナウイルスの影響の中、何で他県から来ているのかと思い、ヒートアップした」と話している。被害者は神奈川県内に帰省中だった福島県の男性会社員(28)で、車は郡山ナンバーだった。

 書類送検容疑は、昨年12月27日夜、横浜市内の県道や市道を走行中、会社員の乗用車に対し妨害する目的で、約2・7キロにわたり、急ブレーキをしたり、幅寄せして衝突したりした疑い。会社員にけがはなかった。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む