レーゲンスブルク戦の後半、決勝ゴールを決め喜ぶブレーメンの大迫=レーゲンスブルク(共同)

 【ベルリン共同】サッカーのドイツ・カップで7日、ブレーメンの大迫勇也は敵地で行われたレーゲンスブルクとの準々決勝に先発し、後半7分に右足で決勝点となるゴールを挙げた。今季、ブレーメンでは公式戦初得点。大迫は後半41分に退いた。チームは1―0で勝ち、30日の準決勝でライプチヒと対戦する。

(共同通信社)