100点以上のポスターが並ぶ企画展会場

 青森県三沢市ゆかりの詩人・劇作家寺山修司(1935~83年)が主宰した劇団天井桟敷など、1960~80年代半ばのアングラ演劇のポスターを集めた企画展「ジャパン・アヴァンギャルド」が6日、同市の寺山修司記念館で始まった。当時新進気鋭だった横尾忠則ら美術家が、各団体独特の世界観を描いた105点が並び、かつての熱気を今に伝えている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から