青森県は7日、従来の新型コロナウイルスより感染力が強いとされる「N501Y」変異株を県内で初めて確認したと発表した。全国で判明しているN501Y変異株は、英国型、南アフリカ型、ブラジル型に分類される。今回の変異株もいずれかに該当するとみられるが、ウイルス量が少なかったため、型を特定するための詳細な調査は不可能だとしている。

 行政検査の一環として、民間検査機関が行ったスクリーニング検査で判明。県は、県内で変異株の感染拡大はみられていない-としている。

 県によると、N501Y変異株は、3月下旬以降に陽性となった弘前保健所管内の患者1人から確認された。感染源や経路は不明。患者は重症化せず、特徴的な症状などもなかった。患者の年代、性別、県内で発生したクラスター(感染者集団)に関連しているかについて、県は公表していない。

 N501Y変異株は全国で広がりを見せている。県によると3月末時点で、この変異株を確認したのは34都道府県。県感染症対策コーディネーターの大西基喜医師は「本県にも、来るべくして来た。新たな感染対策ということではなく、今までの感染対策をしっかり行っていくことが重要だ」と話した。

 県内では、1月に発生した感染源不明クラスターの患者1人から、「E484K」と呼ばれる変異株が確認されている。今回のN501Y変異株とは異なるタイプ。