遺跡内でボランティアガイドの話を聞く岩手県・紫波第三中の生徒たち=7日、青森市の三内丸山遺跡

 世界文化遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」の中核となる三内丸山遺跡(青森市)に、本年度の修学旅行第1陣が7日、岩手県から訪れた。生徒たちは縄文人の心や技術の高さを知り、当時の暮らしに思いをはせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。