青森県でも利用可能になるSuicaカード(JR東日本青森支店提供)

 JR東日本は6日、早ければ2023年春をめどに奥羽線・弘前-青森間の10駅など、北東北3県の計44駅で同社の交通系ICカードシステム・Suica(スイカ)が利用可能になると発表した。東北新幹線の新青森、七戸十和田、八戸の各駅では利用可能となっていたが、青森県在来線へのスイカ導入は初。改札機へのタッチによる運賃支払いのほか、スイカ定期券も利用できるようになる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。