完成した三沢工場と同工場の事務所(右側)
製造が進む出力6キロワットの風力発電システムの翼部分

 太陽光発電設備の建設・販売などを手掛けるエネルギープロダクト(本社東京、丸山一孝社長)が青森県三沢市の細谷工業団地に建設を進めていた小型風力発電システム(風力発電機)の生産拠点「三沢工場」が完成し4日、関係者45人が出席して竣工(しゅんこう)式を行った。地元を中心に採用した従業員10人でスタート、発電システムの販路拡大を進め、36人体制となる2021年度には売上高約5億4千万円を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)