モデルが着用したザンタンエプロン
「同系色や定番の組み合わせではない、『狙いすぎない』斬新なデザイン」と魅力を語る工藤代表

 衣類の制作過程などで生じる生地「残反(ざんたん)」を減らそうと、残反を縫い合わせた「ザンタンエプロン」の売れ行きが好調だ。青森市浪岡の縫製会社「バサラ」が製造を担当し、手仕事で一つ一つ丁寧に仕上げる。工藤容子代表(40)は「同じ物を作ってほしいと言われてもできない。世界に一つしかないデザイン」と魅力を語った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から