三村知事(右)から委嘱状を受けるチョ氏。後方左に飾っているのは、チョ氏が撮影した写真

 青森県は本年度、芸術や文化、芸能などの分野で活躍し、青森県の観光に深い理解を持つ海外在住の著名人を観光大使に当たる「青森グローバルアンバサダー」に委嘱する制度を設け、4日、第1号として、韓国の写真家のチョ・セヒョン氏(59)に委嘱状を交付した。県は今後、チョ氏から誘客に関するアドバイスを受けるとともに、海外への情報発信を依頼する。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)