JRが新青森駅に設置した非接触型AI案内システム=1日

 JR東日本は1日、同日開幕した大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、新青森駅など東北地方の主要駅に非接触型AI(人工知能)案内システムを導入した。新青森駅で報道関係者に公開された実演では、駅員が「トイレはどこ?」「恐山にはどうやって行くの?」と話し掛けると、駅構内の案内図などが画面に表示された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。