津軽鉄道の車窓から見える津軽の景色を眺めながら、千空の句を振り返る乗客ら
津軽鉄道を詠んだ千空の句などを掲示している「千空号」

 今年で生誕100年を迎えた青森県五所川原市の俳人成田千空(1921~2007年)の魅力を見つめ直そうと、津軽鉄道は千空の誕生日の3月31日、生誕記念車両「千空号」を運行した。車内に厳選した千空の俳句を掲示し、文学愛好家らが千空の作品世界に浸った。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から