柏崎刈羽原発の不祥事に対する考えを述べる増田社長

 日本原燃の増田尚宏社長は30日、青森市の青森地域共生本社で開いた定例会見で、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で核物質防護不備など不祥事が相次いでいることに対し「同じ原子力事業者としてあってはならないことであり、大変重く受け止めている」と述べ、六ケ所村の核燃料サイクル施設で同様の事案がないか確認したと説明した。確認の結果、検知機能の故障などはなかったという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から