大きく実ったメロンを収穫する倉光市長

 青森県つがる市が本年度から取り組んでいるメロン水耕栽培実証試験で、日照が不足する冬に栽培した2作目の収穫作業が30日、同市の柏ガラス温室で始まった。3種類の照明器具を当てて補光効果を検証した結果、いずれも夏場と遜色のない上々の玉伸び、糖度に仕上がり、冬場の栽培技術確立へ一歩前進した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から