青函トンネル内を含む共用走行区間での北海道新幹線の高速走行実現に向け、JR北海道とトンネルを所有する鉄道建設・運輸施設整備支援機構が青函トンネル(長さ約54キロ)内で行う高速走行試験の日程が9月2~19日となる見通しであることが3日、関係者への取材で分かった。下り線で、時速160キロから最大210キロの範囲で試験する見込みという。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)