航空自衛隊三沢基地は25日、24日に青森空港へ緊急着陸した最新鋭ステルス戦闘機F35Aについて、エンジンを電気的に制御する部品に不具合があったことを明らかにした。機体整備を終えたF35Aは、随伴の1機とともに25日午後4時49分に青森空港を離陸、同5時に三沢基地へ帰還した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。