東京2020聖火リレー県実行委員会は24日、青森県内で6月10、11日に行われる聖火リレーのランナーのうち、県実行委の一般公募枠で選ばれた35人を発表した。このほか、本人の意向で氏名非公表の1人が走る。2人が「リレーの1年延期で都合がつかなくなった」などの理由で不参加となったため、代わりの2人を近く選出する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から