開業10年、20年に向けた観光振興策を検討した座談会=中泊町総合文化センター「パルナス」

 26日に北海道新幹線開業5周年を迎えるのを前に、青森県五所川原市の市民団体「公開講座 奥津軽」(角田周代表)は23日、中泊町内で、津軽半島の観光振興策を考える座談会を開いた。津軽の観光関係者らが、新幹線駅の奥津軽いまべつ駅を核とした観光の方向性などを意見交換した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から