「三沢未来ミーティング」で小桧山市長(右)に、三沢へのIターンを増やす方法をプレゼンする生徒たち

 地域の若者に街づくりへの関心を持ってもらおうと、三沢青年会議所(JC、築井生理事長)は20日、青森県三沢市内の高校生が小桧山吉紀市長と意見交換する「三沢未来ミーティング」を市役所で初めて開催した。高校生たちは、若者が将来三沢に住みたくなる方法についてアイデアを練り上げ、市長に提案した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。