大型立佞武多を掛け紙のデザインに採用した「青森小川原湖牛 焼きしゃぶ弁当」

 青森県五所川原市の総菜、弁当販売業「つがる惣菜」は19日、JR東日本の駅弁コンテスト「駅弁味の陣 2020」で掛け紙賞に輝いた「青森小川原湖牛 焼きしゃぶ弁当」を市役所でお披露目した。同市を代表する観光資源・大型立佞武多(たちねぷた)を描いたポストカード型の掛け紙が特徴的で、「駅弁の販売を通じて立佞武多を広めたい」との思いが込められている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から