運行見合わせや遅延など、新幹線の運行状況を確認する利用客ら=20日午後7時23分ごろ、八戸駅

 20日午後6時すぎに宮城県沖で発生した地震で、青森県内では八戸市など6市町で震度4を観測した。県防災危機管理課や県警によると、同日午後9時時点で地震によるけが人や建物への被害の情報はなかった。一方、東北新幹線の一部区間で運転を見合わせるなど、鉄道は運休や遅れが発生し、八戸駅では利用客らが構内の案内板で新幹線の運行状況を確認したり、駅員に運転再開見込みを尋ねる姿が見られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。