協議会の設立を越善村長(左)に報告する宗常務(右)

 東京電力ホールディングスと青森県東通村は19日、村の地方創生に関する事業実施を目的に、一般社団法人「東通みらい共創協議会」を設立した。東電は2020~24年度の5年間で、合計30億円を上限に、協議会へ資金を拠出する。東電青森事業本部長の宗一誠常務執行役が代表理事を務める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から