商品開発に関わった大粒納豆の完成を喜ぶ生徒たち
男子グループがデザインしたバージョン
女子グループがデザインしたバージョン

 三本木農業高校(青森県十和田市)農業経済科の2年生10人が、原料の大豆栽培や商品デザインに関わり、太子食品工業(三戸町)が製造した納豆が22日、県内の一部商店で発売される。パッケージは「三農生が作った大豆の大粒納豆」と「三農生がこへだ(こしらえた)大豆のんめぇ(うまい)大粒納豆」の2種類で、中身は同一商品。18日、同校に届いた完成品を手にした生徒たちは「想像していたよりも完成度が高い」と感激していた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。