訪問先で患者を診察する水野所長(左)=9日、十和田市内

 十和田市立中央病院が2019年10月に開設した在宅医療専門の付属診療所「とわだ診療所」が実績を伸ばしている。開設6カ月で目標としていた月間訪問件数50件を超え、20年12月には倍の100件に到達。医師たちは限られた人数で患者と家族を支えようと奮闘している。青森県医療薬務課によると在宅医療(訪問診療、往診)に対応できる県内医療機関は1月時点で144カ所あるが、同病院クラスの公立の中核病院が訪問診療の専門機関を設置した例は珍しいという。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。