洋上風力発電の地域経済効果などについて説明する前田所長

 国土交通省青森港湾事務所は12日、洋上風力発電で国の有望区域に指定された青森県沖日本海に関して、青森港を拠点港湾とした場合、建設から運転開始後20年間における地元への経済波及効果は1千億円超に上る-との試算をまとめた。運転開始後のメンテナンス事業関連が大半を占める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から