参加者が手をつなぎ海に向け黙とうをささげた=11日午後2時46分、八戸市の種差海岸芝生地

 東日本大震災から10年の節目を迎えた11日、青森県内も各地で追悼行事が行われた。悲しみや苦しみ、復興を願う気持ちに区切りはない。人々はこれまでの歩みをかみしめ、それぞれの祈りをささげた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。