青森県八戸港管理所は8日、2020年の同港コンテナ貨物取扱量(速報値)を発表した。取扱個数(20フィートコンテナ換算)は5万2232本。前年に比べ3.6%減少したものの、6年連続で5万本を超えた。このうち貨物を入れずに輸送した空コンテナを除く「実入り」は、3万2102本で12.1%減。アジアの景気減速や新型コロナウイルス感染拡大により、生産活動や外食需要が落ち込んだことが影響した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から