青森県は5日、新型コロナウイルスの変異株が県内で初めて確認されたと発表した。県内で1月に発生したクラスター(感染者集団)関連の感染者1人から確認された。軽症だった患者で既に退院している。変異株は感染力が強いとされ、厚生労働省の4日までのまとめによると、19都府県で確認されていた。