例年合格発表を行う講堂ホールの入り口に、掲示を行わないことを知らせる紙を張る県立保健大職員=5日午前

 青森県内国公立大学のトップを切って、青森市の県立保健大と青森公立大は5日、2021年度一般入試前期日程の合格者を発表した。合わせて321人が「春」をつかんだ。合格者に占める県内出身者の割合は、両大学とも前年度から上昇。新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、地元志向が強まったことが一因とみられる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から