むつ市議会は4日、一般質問を行った。電気事業連合会が検討方針を示しているむつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設共用案を巡り、宮下宗一郎市長は一連の市側の発信について「立地政策のあり方そのものを問うている」と意図を説明。共用案は「議論の入り口にも立っていない」とあらためて強調した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から