真剣な表情で体力測定を行うブレイズの選手ら

 青森県八戸市などを本拠地とするアイスホッケー・アジアリーグの東北フリーブレイズが1日、同市のテクノルアイスパーク八戸で今季の活動を開始した。初日は選手17人が体力測定を実施。4季ぶりのリーグ王座奪還に向けて約2時間にわたり汗を流した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)