つがる市議会は3日、一般質問を行った。新型コロナウイルスに関し、医療・介護・保育施設で感染者が出た場合、集団感染防止のため、濃厚接触者以外の施設職員が自主的にPCR検査を受けた際の費用について支援を検討する方針を示した。伊藤良二議員(五和会)の質問に答えた。

 市によると、現在、保健所が実施するPCR検査は原則として感染者と濃厚接触者に限られる。福島弘芳市長は「濃厚接触者以外と判断されると検査対象にはならないが、施設や地域の不安解消の観点から職員が自主的に行った検査には手助けできないか検討したい」と述べた。

 また、顔認証・非接触型検温器が感染防止に有効であるとした上で、同市長は「一般の来訪者が多い事業所や店舗などでは十分に普及している状態ではないことから支援について検討する必要がある」と答えた。

 一般質問は全部で2議員が行った。