駅ビル・ラビナの屋上から撮影した新駅舎(写真中央)。東西自由通路の東口と一体化されている
東西自由通路の西口。ここには出入り口が3カ所できるという(青森市などの許可を得て撮影)
あすなろ橋からは、木調ベースの外観が特徴の東西自由通路(写真中央)がきれいに見える

 新たな青森駅舎(青森市)と東西自由通路の利用が始まる3月27日まで、1カ月を切った。親しみやすい両施設の外観が徐々に明らかになっており、市民が期待を膨らませている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。