プラモデル店をオープンさせる柳谷さん=八戸市江陽4丁目

 イカ釣りで使う発泡スチロール箱販売の「やなぎや製凾」(青森県八戸市)が5日、工作室を併設したプラモデル店を同市江陽4丁目に開設する。イカの漁獲量が減少し会社経営が厳しさを増す中、生き残りを懸けて別の分野に挑戦する。柳谷武宏代表取締役(48)は「仕事帰りにプラモデルを作るとか、親子でものづくりを楽しむなど、新たな需要を掘り起こしたい」と意欲を見せている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。