2日行われた弘前大学合同企業説明会のオンライン画面。学生は、興味のある企業の担当者の説明をオンラインで聞いた(弘前大学提供、一部加工しています)

 1日に解禁となった2022年春卒業予定の大学生の採用に向けた会社説明会。青森県内大学で本格化している合同企業説明会は、新型コロナウイルスの感染対策で、オンライン開催が主流になりつつある。負担なく参加できることや、移動費の節約につながるなどのメリットもあり、「コロナ時代のニューノーマル(新しい常態)になる」とある大学担当者。一方、昨年はほぼ中止になった対面形式を行う大学もある。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から