青森労働局は2日、1月の青森県内の有効求人倍率(季節調整値)が前月比0.03ポイント減の0.96倍だったと発表した。4カ月ぶりの低下で全国順位は41位。労働局によると、1月に11都府県で再発令された緊急事態宣言の影響などが、青森県の雇用情勢に響いた可能性があるという。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から