トラックへの積み込みを手伝う松尾町長(左から2人目)と友田教育長(同3人目)
町外で暮らす学生へ送られる地元産品

 青森県三戸町は2日、古里を離れて暮らす大学生らに向けて、コメやせんべいなど5千円相当の地元産品の詰め合わせを送った。新型コロナウイルスの影響で不自由な生活を強いられる日々の中、懐かしい古里の味で元気づける。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から