カウンターに立つ2代目マスターの小林さん
「MARRS」の店内には、初代オーナーの鈴木さんの写真が飾られている

 自分たちの街で、音楽が鳴り響き仲間が立ち寄れる場所を守り続けたい-。青森県十和田市東三番町のパブハウス「MARRS」(マーズ)の2代目マスター・小林郁子さん(42)が、知人だった創業者の急死により店を継いで、3月1日で1年になる。新型コロナウイルスによる混迷は先行きが見えないが、常連客や初代を慕う「マーズファミリー」から力をもらっているとほほ笑む。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。