青森県警のまとめによると、昨年の県内の特殊詐欺被害件数(暫定値)は38件と前年を7件上回り、2014年以来6年ぶりに増加に転じた。被害総額も約1億1174万円(前年比894万円増)と2年連続で増加。キャッシュカードなどをだまし取る預貯金詐欺が増えた。今後は新型コロナウイルスのワクチン接種に絡めた詐欺が増える可能性があるとして、県消費生活センターなどは「おかしいと感じたら相談してほしい」と呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。