雲一つ無く、雄大な姿を見せる八甲田の山々。奥は陸奥湾=28日午前、東奥日報社チャーター機から
冷え込み、氷の結晶がびっしりと付いた草木=28日午前7時ごろ、平川市碇ケ関の津刈川

 28日の青森県内は高気圧に覆われ各地で青空が広がった。本社チャーター機で八甲田連峰エリアを旋回すると、壮大な山々がくっきり見えた。日中の気温が上昇した一方、津軽地方では早朝に放射冷却現象が発生し厳しく冷え込んだ地域もあり、寒暖差が大きい一日となった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。