青森銀行杯第57期県下囲碁名人戦(主催・日本棋院青森県本部、東奥日報社、東奥日報文化財団)が28日、青森市の東奥日報新町ビル3階New’sホールで行われ、野口真弘五段(青森市)が初優勝を果たした。

 16人が参加し、スイス方式4番打ちリーグ戦で競われた。野口五段は4回戦で、須藤大治五段(弘前市)と3戦全勝同士の対局に臨み、黒番185手中押し勝ちした。

 野口五段は本年度、県内主要3タイトルのうち県最強位は決定戦で逃したものの、県王座と合わせて2冠を獲得。「いつも通りの力を出せるように臨むことができた。本年度は県王座とともに二つ取れて良かった。今後はもっとレベルアップを図りたい」と話した。

 3位以下は次の通り。

 (3)東山恵慈五段(十和田)(4)対馬栄造六段(黒石)(5)舘田誓一六段(青森)