台湾の消費者が商品を試食する様子を画面越しに見守り、感想を待つ生徒たち(右の2人)=青森市の青森商業高校

 台湾への輸出を目指し青森県産ホタテを使ったパスタソースを開発している青森商業高校(三上雅也校長)の生徒が2月27日、同校と現地をインターネットでつなぎ試食イベントを開いた。生徒たちは台湾の消費者からの好評を聞き、商品に手応えを感じた様子だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から