与野党の女性国会議員は28日のNHK番組で、女性議員増加策について議論した。自民党の吉川有美参院議員は、候補者選定段階で女性が関与する重要性を強調。立憲民主党の西村智奈美衆院議員は「数値目標が非常に大事」と指摘した。野党からは、法整備を求める声も出た。

 吉川氏は、各都道府県連での候補者選考への女性参画を党幹部に働き掛けたと紹介。小渕優子元経済産業相が選対委員長代行に就いたとして「一歩一歩ではあるが、プロセスに女性が入るようになった」と述べた。

 西村氏は次期衆院選の女性候補割合について「立民は最低3割を目指す」と表明した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む