「がんサバイバーズ支援ウォーク」で八戸市に入り、会見する垣添さん=1日、市福祉公民館

 がん経験者や患者をサポートするため、福岡県から北海道まで全国を歩いて縦断する「がんサバイバーズ支援ウォーク」に挑戦中の日本対がん協会会長の垣添忠生さん(77)が1日、青森県八戸市入りした。市福祉公民館で会見を行い、参加した市民らにがん患者の孤独感や恐怖心を和らげる大切さを訴えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)